csimsoft

Cube-it 機能紹介

各機能の詳細は、User Documentation をご覧ください。

ジオメトリ準備

Cube-it は、ジオメトリ準備のためのツールを多く備えています。ジオメトリモデルをインポートする際、Cube-it は無効なジオメトリとトポロジーの多くを、自動でクリーンアップします。ユーザは微小なカーブ・サーフェスを取り除いたり、拡張することで隙間を埋めたりできます。モデルへのジオメトリプリミティブの追加や、ブーリアン操作を行えるほか、様々なツールでモデルを切断することで、メッシュ生成を容易にすることもできます。また、ジオメトリをインプリント・マージすることで、複雑なアセンブリに等角メッシュを生成できます。

メッシュ生成

Cube-it には以下のメッシングアルゴリズムが備わっています:

  • Mapped and sub-mapped meshing for 2D and 3D
  • Sweeping for one-to-one and many-to-one
  • Paving which is advancing front quad meshing
  • Advancing front tri meshing
  • Delaunay tet meshing (GSH3D by Simulog and INRIA)
  • Hex mesh primitives

Cube-it は様々な場合において、適切なヘキサ・四角メッシュアルゴリズムを自動で選択し、またエッジのメッシュサイズを設定できます。メッシングの後は、様々な品質メトリクスでメッシュ品質を検査できます。Laplacian、Centroid-area Pull、Equipotential、Jacobian Optimization、Condition Number Optimization、Winslow あるいは Untangling などのスキームを用いて、生成したメッシュをスムージングできます。メッシュのリファインは、包括的あるいは局所的に行うことができます。

境界条件

Cube-it はExodus II のサイドセット、ノードセット、要素ブロックに対応しており、マテリアル割り当てや荷重、その他の境界条件設定に使用することができます。また、Cube-it はAbaqus、Fluent、LS-Dyna、Nastran、Patran などの境界条件にも対応しています。境界条件はグラフィックウィンドウでの視覚化が可能です。


ユーザインターフェース

Cube-it のユーザインタフェースは、Qt で構築されたクロスプラットフォームなインタフェースです。インタフェースの中心であるグラフィクスウィンドウでは、表示されたモデルをインタラクティブに操作することができます。グラフィクスウィンドウの周りにはいくつかのコンポーネントが配置されています。右側の階層上パネルからは、Cube-it に含まれるほとんどのコマンドを実行することができます。左にはオブジェクトツリーとプロパティページがあります。ツリーに並んで、パワーツールとITEM ウィザードがあります。ITEM パネルでは、ジオメトリのクリーンアップとメッシングプロセスのガイドを行います。下部にあるコマンドコンソールからは、コマンドの手動入力ができるほか、コマンドによる印字出力や警告・エラーなどの表示も行います。また、Python スクリプトタブもあります。Cube-it では、HTML でヘルプを閲覧できます。

インポート/エクスポート

Cube-it は以下のフォーマットに対応しています:

  • ACIS sat, sab: geometry import/export
  • Pro/E: geometry import/export
  • Neutral formats: STEP, IGES
  • Facet formats: STL, AVS, facet
  • Exodus II: native mesh format
  • Abaqus, Patran : mesh and boundary condition export.
  • NASTRAN BDF, IDEAS Universal, Dyna3D, Fluent: mesh format export only
  • Translators: Patran, Abaqus, Pro/E, IDEAS, Matlab, ANSYS and others.

 

オペレーションシステム

Cube-it 16.3 は以下のオペレーションシステムでご利用いただけます:

  • Windows Vista, 7, 8, 8.1, 10 64-bit
  • Linux Red Hat 6 64-bit

また、OpenGL 1.5 に対応しているローカルディスプレイの使用を推奨します。


Cube-it(Trelis) 無料体験トレーニング

基本操作から、すぐに実践できるメソッドやデモ操作、新機能の紹介まで、様々な事例をご紹介しながら解説いたします。
また、お客様独自の問題に対して、アプローチをご提案・指導する時間も設けております。

トレーニングの詳細・お申込みはこちら

 

Back to Top